PCB含有電気機器の保有に関する調査について

 

 

1.調査について

 

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)は「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)」に基づき、その処理が定められています。

 

 平成28年8月のPCB特措法改正に伴い、県内の高濃度PCB廃棄物及び使用中の高濃度PCB含有使用電気機器の処分期間が平成33年3月31日までとなっています。

 

 このため、兵庫県では早期処理に向け、県内におけるPCBを含有している変圧器(トランス)、コンデンサー、安定器の把握を下記のとおりアンケート調査により実施しております。アンケート調査票の送付があった際は、ご回答よろしくお願いします。

 

 

2.調査の概要

 

(1)調査対象

 電気事業法に基づく自家用電気工作物を設置する事業者

 

(2)調査の方法

 兵庫県から郵送により調査票を送付し、返送いただくことで調査しております。

 

(3)調査業務委託先

 ソシオエンジニアリング株式会社

 〒530-0047 大阪市北区西天満5-9-11 総合西天満ビル6F

 

 

3.その他

 

(1)使用中の電気設備についての注意事項

 ・接触等により感電の恐れがあり非常に危険ですので、調査のために設備に近づかないで下さい。

 ・PCBの含有を確認する場合は、機器名版やメーカーホームページ及び既に作成された書類による確認など安全な方法で

  調査して下さい。

 ・調査にあたっては、電気設備を管理している電気主任技術者に必ず相談して下さい。

 

(2)調査によりPCB含有電気機器が見つかった場合

 ・新たにPCB含有電気機器が見つかった場合、PCB特措法に基づき各種届出が必要です。

 

  「PCB廃棄物保管事業者及びPCB使用製品を使用する事業者のみなさまへ」

 

 

4.調査票様式

 

・アンケート調査票(PDF:160KB)

 

 

5.参考サイト

 

PCB早期処理情報サイト(環境省)

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。